NEWS

COMPANY

BUSINESS

RECRUIT

RECRUIT

MEMBER'S VOICE

社員の声

明坂真太郎
CROSSMEDIA
クロスメディアビジネス部
デジタルマーケティングプロデューサー

1.TXCOMに入社したきっかけは?

 前職ではアルバイトを探すサービスで、集客のためのデジタルマーケティングを担当していました。

 以前より興味があったテレビ業界にチャレンジしたいという想いがあり、テレビとインターネットの融合が叫ばれ、変革しているこのタイミングであれば面白いことができるのではないかと考え、入社しました。

2.現在はどのような業務を担当されていますか?

 広告のプランニングやデータ集計のためのタグの管理、SEOなどでサイト流入の構造を考えるなど、デジタル周りの集客プロモーション全般の対応をしています。

 業務の中で特に重要な部分を占めるのが番組のプロモーションなのですが、いかに視聴者を集めて広告価値を高められるか、多くの人に番組を見てもらうかが重要な業務となります。

 ここ5年くらいで、面白いコンテンツを作っているだけではユーザーに届かない時代になりましたが、コンテンツがどういう人に求められていて、どのように届けるかを、ほかの企業よりも優れた戦略を描いているかを意識して、プロモーションを考えることが非常に重要だと考えています。

3.現在の業務のやりがいや魅力、課題はどんなものがあるでしょうか?

 番組やコンテンツを作っている制作陣の気持ちや考え方に触れて、どう番組を盛り上げていくかを議論する経験は、非常に勉強になります。また、そういうコンテンツ作りに対して熱い想いを持った人たちと一緒に仕事を進められるのはとても魅力があると思います。

 コンテンツに関わるビジネスモデルが大きく変化していく中で、成功している企業は、今のやり方を捨てたり、新しいものを生み出すために必要な体制が、どういうものであるかを理解する能力に長けていると思います。

 今後、状況や変化に対応し、あるべき姿を描いてそこに対して進むことや、今までやらなかったから難しいと判断せずに、どう進めて行くかを考えていけるかどうかが、今は課題と捉えています。

4.今後TXCOMで実現したい目標や夢があれば、教えてください。

 魅力のある番組とデジタルを組み合わせたインタラクティブなコンテンツや、今までにない先進的なコンテンツを作り出すことと、それをプロモーションして、見たい人に正しく届けていくことに取り組み、他の企業よりもリードしたプロモーションやマーケティングをしていきたいです。

5.TXCOMに応募を考えられている方、興味を持っている方にメッセージをお願いします。

 コンテンツを作る業界というのは、ニーズもまだまだ増えますし、今後確実に伸びていくと思っているので、新しいサービスを出していくことは、他の業界と比べても面白いと思います。

 テレビ東京のコンテンツが好きで何かを変えていくというところに情熱がある方なら、活躍できる環境だと思うので、「テレビの危機は自分が救う」ぐらいの気概で入って来てほしいです。